link
special
radioDTM.jp site

blogトップへ

メルマガ登録へ

linksへ

公式バナーへ

Podcastへの登録と試聴

メールはこちら


link

play for japan

酒ト飯 イイダ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
アーカイブ
リンク集
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
プロフィール
検索
管理者ページ
RSS1.0
Atom0.3
社長の「ラーメン・レ・ビュー」161軒目
よーまいめん。

書き終わった記事全部消えました。

懲りないミス。

怒りです。

中野汁場 進化(新中野)



書きますよ。失意の中。自分への絶望の中。
町田にある塩ラーメンの名店「進化」の支店。
こちらは醤油ラーメンをベースにメニューを展開している。塩もやってるけど、本店とはまた別の塩ラーメンらしい。
醤油も二種類。普通の醤油と鯵香る醤油という何とも悩ましい二択です。
最初はスタンダードなものをと思いつつも、鯵香るというネーミングに惹かれてついついそちらを注文してしまう。

というわけで、上の画像はは鯵香る醤油ラーメン。

鯵の香りがフワッと漂う、濃いめの色のスープ。そして中太の縮れ平打ち麺。
具は、チャーシュー、メンマ、海苔、タマネギ、カイワレ。そして上からチリペッパー、丼にワサビ。
オシャレですねー!

スープを一口。
旨い!鯵の香りが鼻を通り抜け、そのあとにスープを支える程度の動物系のコクがしっかりと感じられる。魚介とのバランスよいですね!
キリッとしたカエシに、こういう鯵やらの魚介、そして動物系のスープってのは良くあるけど、ここには更に薬味や香味が。
香味油も然りですが、まずはチリペッパーでしょう気になるのは。
で、これをちょっとスープに混ぜて頂く。
これまた旨い。あくまで香りでスープを演出するような存在。辛みはそこまで大きくないと思う。
そしてワサビ。これは劇的に変化しそうなのでレンゲ上で溶かして飲んでみる。
これまた旨い。
そばのつゆでもそうだけど、やはり魚介の出汁で作られた醤油ベースのつゆにワサビというのは鉄板なのかな。
一気に和の感じになりますね。
具材はどれも水準が高く、やはり名店の仕事は一つ一つが丁寧だなと感心。
そして麺はムッチリとした麺で、煮干との相性も良く、ちょっと尾道とかのラーメンをイメージするような麺だった。

総じて、アイディアと丁寧な仕事とのバランスが非常に良い、とても良いお店でした。

スタジオの近くには割と良い店があるので、これから紹介していこうと思います。

【パーソナリティー 社長】
Posted by : radioDTM | ラーメン・レ・ビュー | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0)
社長の「ラーメン・レ・ビュー」160軒目
よーまいめんめんめんめん。

社長インダハウス。


今週はしっかり火曜日に更新だよマイ麺。


ここ最近の日課と言えば、テトモンくらいです。

テトモン、知ってますか?みんなはパズドラの方がやってる人多いのでしょうか。テトモン話したい。

テトモン友達、略して、テトモ。これ、流行らないかな。とか思ってます。毎日。

あとは、最近漫画欲が上がってきて、こないだやっとジョジョリオンの4巻を読みました。

何だろうね。あのワクワク感は。テトモンでレアガチャやるときくらいワクワクする。あ、わかんないか。。

早く続きが読みたい限りです。スタンド名がペイズリー・パークですよ!プリンスですよ!はぁん!

まぁいい。ラジオで話そう。


ここはラーメンの話をする場所だ。

というわけで、今回は自由が丘というオシャレタウンにあるつけ麺屋に行ってまいりました。


結心(自由が丘)

全然知らなかったんだけど、去年の夏にできたお店らしくて、割と評判よいのに深夜2時までやってるってことで深夜訪問。

金曜日に行ったんですけど、深夜にも関わらず凄い混んでました。並ぶほどではないけどね。

で、この日は〆な感じで行ったから、気分がつけ麺じゃなく完全にラーメンだったんですよ。〆はラーメンですよね。

しかし!ここはつけ麺専門店、とまではいかないまでも、つけ麺がメインである事には違いない。

どうしよう。。気分じゃない。。じゃあ何でこの店来たんだ。。とか言わないでくれ。流れで来てしまったんだ。

そして!!

つけ麺メインのお店で、、中華そば頼んじゃいましたー!!!!!

うぇーい!!

これが、あとで後悔する事になろうとは。。。では、コチラが中華そばです。

旨そう。。でしょ?ちなみにこれは特製中華そば。あとはつけ麺と辛い系がありました。

いやぁ〜、この見た目に惹かれたし、やっぱ気持ちは変えらんねえ!!って思いましたよ。

鰹の香りがプーンとする。動物と魚介、そこに魚粉というスタンダードなスタイルの中華そばですね。

具は豚チャーシューが二枚に鶏チャーシュー、メンマ、味玉、ネギ、水菜ですね。これまたスタンダード。

ただ、鶏チャーシューが入っているあたりがちょっと変わってますよね。鶏主体のラーメン屋なら分かるけど。

んで、麺は低加水の細麺。このチョイスはやはり好みですがど真ん中です。


さて、スープを一口。

むむ。

これは。

完全に。

つけ麺のスープをスープ割りした感じだーーー!!!!!!!!!

決して不味いわけじゃないし、ラーメンとしても低クオリティーってわけじゃないけど、つけ麺の想像が容易いスープ!

シャシャバ系の中に動物由来のコクと魚介の香りが相まって、バランス悪くない。ちょっとしょっぱいけどね。

惜しい!

というのも、やっぱつけ麺のつけ汁をスープで薄めたような味!に感じてしまう!先入観からなのかな。。

具はどれもクオリティー高し。鶏は意外とイケなかったけど、豚は薄いながらも肉の主張もしっかりあって旨い。

メンマは甘めの味付けで、これまたスープとの相性も良い。


麺は固茹での細麺で、本当に好きなタイプではあるけど、、まぁまぁって感じですかね。スープの持ち上げもまぁまぁ。

でも、スープのシャバシャバ感を麺で潰すような事はなく、つけ麺と違って細麺で出してくるあたりはナイスです。


でも、やっぱりつけ汁を薄めた感が、、拭えない。

つけ麺メインのお店でラーメンを頼むっていうのは、結構ギャンブルなんだなぁと改めて思いました。


次こそはつけ麺を...!!



【パーソナリティー 社長】

Posted by : radioDTM | ラーメン・レ・ビュー | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0)
社長の「ラーメン・レ・ビュー」159軒目
よーまいめんめんめん!!!
社長インダハウス。

また忘れていた。。
遅刻のループエンドループ。ホントすいません。千昌夫。

しかし本当によりが冷える季節になってまいりましたわね。
基本チャリなんで、漕いで体あったまるまでは極寒の日があるね。
まぁTシャツ短パンなのが悪いんだけど、昼は暑いからそういう感じになっちゃうよね。
風邪も引きそうだし、気をつけなければ。

そんな寒い日にはやっぱりラーメン!
ということで、僕の食欲は増すばかりです。
今日はそんな食欲を最大限満たしてくれるガッツリ系ラーメンをご紹介です。

肉玉そば おとど(高円寺)



高円寺の商店街にドーン!と出現しているので通ったひとは覚えているはずです。
そして、あんま旨そうじゃねえなぁと思ったはずです。だって派手だもん、何か。って思ったはずです。
僕もそう思いましたよ。
ここはたしか麺創房 越山という無敵家系列のお店でしたよね。
有名店の系列の割には、あまり人がいなくて潰れそうな雰囲気満点でしたが、本当に閉店してしまった。
で、その跡地にまたしても嫌な予感がするラーメン屋が開店。
果たして!!
とりあえずオススメの肉玉そばと無料のライスをいただきます。
この無料ライスね。これが大事。
なんせ、外の看板にデカデカと「日本一ごはんが進むラーメン」って書いてありましたからね!!
っていうか、そのテーマは正解なのか!?
ごはんが進むってのは売りになるのか!?ラーメンはおかずなのか!?
という疑問を抱えつつも、ラーメン屋でライス食べるのが大好きな僕としては気になるんですねえ。
家系とかは、いわゆるごはんが進むラーメンだし、高円寺のJACもごはんが進む。
その日本一とな。
コチラです。


ごはんが進みそうだ!!
まず動物系とおぼしき濁ったスープに中太麺。
具はバラ肉の甘辛煮みたいなやつと、メンマ、ネギ、卵黄、ナルト、って感じですね。
で、この店はニンニク入れますか?って聞かれます。まるで二郎ですが、二郎系ではありません。
でも、なんかその辺の融合って感じですかね。
明らかに見た目は徳島ラーメン。しかしそれをごはん向けにアレンジしているような、、、
ニンニク云々というのは二郎系というよりも、スタ丼のそれを模しているんですかね、味付けと言い。

では、スープを。
うん。無難に旨い。動物系スープがかなり濃厚に出てますね。
そして、やはり味付けは甘めの味付け。徳島ラーメンに近いですが、さらにおかず的な味付けです。
すぐに卵黄を溶いて食べちゃったけど、これがスープをマイルドにしてくれるので、いい感じです。
なんか期待度が低すぎただけに、普通に旨いやん、って思いました。
そして麺は、スープに負けまいと中太麺が主張してきますが、味というより食べ応え重視な感じもする。
わりと全てを打ち消すくらいのインパクトがあるスープなので、麺は相性としては良いけど単体はまぁまぁ。
そして具。
やっぱ肉っすよね。
これはもう完全にスタ丼みたいな感じです。スタ丼は一回しか行った事ないけど、イメージは完全にこれ。
しかもニンニク。
今皆さんが想像している甘辛い味付けの薄いバラ肉の味、それそのまんまだと思います。
それをごはんのおかずにパクパク食うわけです。
ごはんが進みます。日本一かどうかは分かりませんが、ごはんがとっても進みます。
しかし!
冷静にラーメンの具として考えると味付けがあまりにも大味だし、味が濃過ぎると思う。

なんかさ、味が濃いわけじゃないんだけど、何故かごはんが進んじゃう、みたいな方がアツくね?
これはごはん進むの当たり前でしょう。

まぁ、決して悪くないですよ。
お近くの方は行ってみてください。

【パーソナリティー 社長】



Posted by : radioDTM | ラーメン・レ・ビュー | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0)
社長の「ラーメン・レ・ビュー」158軒目
よーまいめん!
家のネットがつながらん!!
先週はお休み、今週もまたお待たせしました!

インターネットがないって、とても困るんですね。
頼りっきりなんだなと改めて感じましたよ。
あとiPhoneの偉大さよ。
こりゃほぼパソコンやね。素晴らしい。5s欲しい。

さ!本題です!
今日取り上げるラーメン屋はこちら!!

穀雨(渋谷)


意外と不毛地帯化している渋谷に割と最近?でもないけど、まぁ一年くらい前に出来たお店です。
周りからの評判が良くて、行きたかったんですが、なんか場所が分かりづらい。ついでに行きにくい。
んで、やっと行けました。

246を超えて、路地裏みたいな道をテクテク歩いていくと、見逃しそうな看板を発見。
あんまり中がよく見えない店だったけど、外の看板にしっかりとメニューとか書いてあって、
ちょっとカフェみたいな外観だなって思いました。
こちらはワンタン麺がおすすめとのことなので、迷わずチョイスです。



いいですねー!!
見るからにバランスの良い一杯です。


チャーシュー、青菜、メンマ、ワンタン、ネギが乗っていて、バラエティー豊かな具も楽しみです。
まずは、スープを一口。
うまいですね。
主張の強い出汁はあまりなく、動物と野菜、そして魚介の香りがフワッとする感じの優しいスープ。
カエシのせいか分かりませんが、どことなく甘みがよく感じられて、結構好きなスープです。

そして麺。
つるっとした舌触りのストレート中細麺。
しっっかりとした食感もあって、支那そばやワンタン麺にはぴったりの麺ですね。定番。

そしてワンタンを筆頭とする具の数々。
これまた水準が高いです。
ワンタンは肉がしっかりと詰まっていて、皮もツルッとピロッとプニッと良い感じ。
フワッとしたというよりも、しっかりと肉の旨味と香りを楽しめるワンタンです。
そして、チャーシューがまた良い。
調理法も肉の種類も違うチャーシュー。
肉の柔らかさ、香ばしさ、脂の旨さ、色んな形で楽しめる二種類のチャーシューで満足しました。
メンマは細めで味付けもそんなに強くなく、これまた支那そばで良くあるタイプのメンマですね。

そして!
ここでは揚げネギが無料でもらえるんですが、これがスープと非常ーーーーーに合う!
揚げネギの旨さランキングでは喜楽が独壇場ですが、それを追うが如く揚げネギの合うスープが渋谷に。
これはマストで頼んだ方が良いと思います。

総評すると、とてもおいしいラーメンでした。
バランス感覚、ここのポテンシャルの高さで総合点を上げているという感じでしょうか。
これぞ!
というセールスポイントがないという感じもしますが、そういうラーメンが食べたい時が多いんですよね。


【パーソナリティー 社長】


Posted by : radioDTM | ラーメン・レ・ビュー | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0)
社長の「ラーメン・レ・ビュー」157軒目
おおーーいぇーーーーー。
自分取り戻す為に上〜。
社長だぜん麺。
よーーーまいめん。


ここんとこ暑さがぶり返してキツい毎日ですね。
基本チャリ、の生活なもんだから、サングラスと帽子が必需品でございますな。
そしてそして家に帰ると今はあるプロジェクトの仕事に追われたりしていますが、アレです。
今週末、アレの新作やります。バンドはアレです。あのバンドの新作をアレします。
宜しくメカドッグ!
いや〜、楽しみだ!!

さ!そんな感じで今週もラーメン行きます。
町田連続で行きます。

煮干鰮らーめん圓 町田店(町田)


さ!
名店!
の2号店!
僕のラーメン大賞にも登場した八王子の超名店「圓」。なんと圓が町田に2号店をオープン!
そもそも圓の店主は町田の勇次って店やってた人だから、ある意味凱旋ってやつですね!!祝!

圓と言えば、やはり一杯のラーメンとしての完成度の高さ、というのが何よりの魅力だと思ってます。
スープ、麺、具材、すべてにこだわりぬいて、すべてが一杯の中で共鳴し合っているようなラーメン。
All For One, One For All. なラーメンです。急に横文字使ってみました。
で!その2号店がどんなラーメン出してんのか気になる!木になる!
(ちなみに、この日は先週レビューしたおやじに行く予定で歩いてたら、通り道に圓があって、苦渋の決断で両方食ったのです。)

メニューですが、八王子の方は煮干らーめんと昔ながらのらーめんだけだったと思うけど、
こちらは塩もあるし、つけ麺もあるし、茶飯もあるし、わりと幅広く対応した店になってるようです。
まぁ今回は初めてなので「煮干らーめん」を注文です。
コチラ。


うむ!!!
素晴らしい!!
透き通ったスープに自家製麺、メンマが二本にチャーシューが二枚、味玉とネギが乗って完成!
いたってシンプルに、それでいて総合的に完成された見た目です。
これがザ・ラーメンのあるべき形だと言わんばかりのオールスター感がありますね。
では、スープを一口。

うまし。
やはり、うまし。
しかし!
八王子を食べた時ほどの奇跡的なインパクトはないかもしれない。かな。。
丼が前に出されたとたんにプワーッと香ってくる煮干の香り。
煮干を前面に打ち出してくるラーメンが想像できるくらい、煮干の香りが立っている。
しかしスープを飲むと、煮干をしっかりと味わい深く、良い塩梅で抽出していて、エグみも苦みもない。
煮干と動物系をバランスよく配合し、あくまで主役は煮干ではありつつも、主張し過ぎない。
その感覚は本店とかなり似ているし、流石という感じ。
足りない感動は何だろう。。わからない。。ただただ旨いけど、本店とは何かが違う気がしてしまう。
まぁいい。次、麺。
こちらは角断面の低加水麺。メンにはプツプツが見えるので町田店も全粒粉を使用しているのかな。
やはり麺の力は凄いですね。噛むと香ってくる小麦の香りは本店さながらの麺です。
しかし!本店ほどの感動はない。。なぜだ。。
まぁいい。次、具。
食感がよく味付けが控えめなメンマ。
肉質もよく歯ごたえも柔らかさも僕好みで、香ばしさもオーブンで焼く事でプラスしたチャーシュー。
トロトロまではいかず、黄身のネットリ感をちょっと残したくらいで茹でられた味玉。
どれも味付けは必要最低限で、ラーメンの邪魔を一切しない高水準な具。

そして、何よりこの麺、具、それがスープに向かっている。
スープを中心としたエンジンががっちり組まれている。
これがバランスであり、一杯の中に起こる力関係のトライアングルなのです。
総合力は流石だよ、圓。


しかし!本店ほどの感動はない。。
なぜだー!!
なぜなんだー!!

わからない。。

それはきっと僕の中でハードルがグングングングン上がってしまっていたからだと思う。
正直本店の味を今鮮明に覚えているかと言われると、そりゃ人間ですから記憶は薄まっていく。
でも、記憶の中で食べた圓のラーメンは奇跡の一杯として残っているのです。
だから、それを求めてしまう。
しかし、そんなものは幻想かもしれないわけだ。
難しいが、残念な事です。
この店はとてもとても美味しい。本当に素晴らしいラーメン屋だと思う。
しかし何かの幻想にとらわれてしまっていた僕は、なんとなく不完全燃焼でおやじに向かった。


【パーソナリティー 社長】




Posted by : radioDTM | ラーメン・レ・ビュー | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0)
社長の「ラーメン・レ・ビュー」156軒目
よよよよよよよっマイ麺。
社長インダハウス。

遂に本日!!!!!
radioDTM presents
「1000円じゃあnight」

開催でございます!

詳細を今一度!!

2013年8月27日(火)

渋谷O-nest

OPEN18:30 / START19:00

TICKET : ¥1000+1D

出演
H Mountains
カナタトクラス
テングインベーダーズ
Have A Nice Day!
夢見てる



みんな!頼んだゼ!来てくれ!っていうより、来ればいいじゃん!いいじゃん!
楽しい平日にしようよ!明日の事は明日考えようよ!
俺はずっとそうしてきた。


さ!
本題です!

せっかくなんで渋谷のラーメン屋を。
って言いたいとこだけど、あんまり新店行けてないので今日行ってきます。
今回は町田の味噌ラーメンの名店をチョイスです。

ラーメン おやじ 町田店(町田)



町田にある人気店です。僕は勝手にここが本店だと思っていましたが、違うみたいですね。
職人みたいなおやじさんたちが、せっせとラーメンを作る姿が見れるので、本店ぽいじゃないか。
ここの近くには最近「圓」の支店も出来てたりして、激戦区感が増していきますねえ。
ちなみに圓も食べたので、そのうち登場するかと思います。

夜に行ったら何人か並んでて、圓は並んでなかったから、やはり顧客を掴むのはこっちなのかと思いつつ、
とりあえず後ろに並ぶ。
僕はここの味噌ラーメン(おやじ麺)がとても好きで、町田に来るとなーんか行ってしまうんですよね。
で、そんなおやじ麺がコチラ。



旨そうでしょう。
北海道の味噌ラーメンなので、フライパンで野菜炒めてそこにスープと味噌を投入するタイプだと思います。
一番偉いおやじさんみたいなのが奥でフライパンを常に振っていますね。いい光景だ。
このおやじ麺は、味噌のスープに中細くらいの麺、薄いチャーシュー、メンマ、海苔、野菜が乗っています。
シンプル且つボリューミーな内容ですが、決してガッツリしてるだけのラーメンじゃないんだぜ。
ここの特徴は何と言っても「甘さ」。
スープを一口飲むと、かなりトロッとした舌触りに、白味噌っぽい甘みと野菜の甘みがズドーンとくる。
動物系のスープだと思うので、それの甘さや濃厚さありきのスープではあるんですが、これが旨いんです。
正直、甘ったるいと思うくらい甘いので、嫌いな人は嫌いかもしれないけど、僕は好きなんですね。
これが化調や味噌だけの甘みだとしつこくて食べられないかもしれないけど、野菜な甘みが利いているんですね。
それに合わせるのは中細の黄色いたまご麺。北海道の味噌と言えばやはりこれなんですね。
ガシッとした印象の茹で加減で、非常に良い感じです。

野菜は強火でさっと炒めた食感の残るもので濃厚なスープとの相性も良い。
難点と言えばチャーシューが薄すぎて若干安っぽいな〜というところくらいか。それもまたキャラとして認められるけど。

店の雰囲気と言い、店員のおやじさんたちと言い、どこかノスタルジックな雰囲気で濃厚味噌を食す。
これが好きなんだなぁ。
にんげんだもの。


【パーソナリティー 社長】

Posted by : radioDTM | ラーメン・レ・ビュー | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0)
社長の「ラーメン・レ・ビュー」155軒目
ヨーマイ麺!
社長インダハウス!

まったく!暑いな!
早く夏終われ!
死んでまうやろ!

死んでまうと言えば、こないだゾンビ映画見てきました。
ワールドウォーZね。ずーーーっと見たくて楽しみにしてたやつね。ブラピのやつね。
これ、なかなかでした。
内容的には、全然でしたが。
家族で見れるゾンビ映画っちゅうことを意識したのか、R指定がないんですよ。
だkらグロ表現皆無なの。だからこそ大ヒットしてるわけです。
でも、ゾンビ映画でグロなしって結構寂しいよね。でも、そこを注目すると凄いなぁって思う。
見てみて。

さて、本題。
映画を見た翌日はラーメンを食べました。
しかも普段全然行かないようなところでラーメンを食べました。
それは、古都鎌倉。

静雨庵(鎌倉)


いい店構えですねえ。
蕎麦屋のようですが、れっきとしたラーメン屋さんです。テンション上がるわ〜。
鎌倉まで来てラーメンかよと思われるかもしれませんが、ソーセージもしらすも食べたあとのラーメンです。
〆です。ランチの〆はやっぱりラーメンでしょ!ってことです。
店内に入ると、昔の食堂のような感じの飾り気のない店内。
なんてことないテーブルと椅子が並べてあって、カウンターが壁際にちょいちょいある感じ。
田舎のラーメン屋と言うか定食屋みたいな雰囲気ですね。期待値はあまり高まらないけど、テンションは上がる。
で、メニューを見ると、異常に安い。
ラーメンが520円、味噌が600円、唐揚げ弁当付きラーメンが720円。
唐揚げ弁当付き...?
まぁ、今回は〆なので弁当問題は謎のままにしておき、スタンダードなラーメンを頂きます。
こちら。


見るからに昔ながらの醤油ラーメンといった感じです。香りがふわっと漂い心地よい感じの醤油感です。
具は薄切りで大判のチャーシュー、細いモヤシ、メンマ、ネギですね。スタンダード。
では、早速スープをズズズズズズズ。。。
旨いねえ。
鶏ガラベースのスープは優しく甘みがあり、程よくオイリーな昔ながらの醤油ラーメン。
コクがあって物足りなさは感じさせない。やっぱりこういうラーメンが好きだなぁ。
そして麺。
これがまた旨い。低加水の細麺で固茹でになっている。ツルッと入りますなぁ。相性も良い。
だいたい田舎の観光地にあるラーメン屋ってのは麺が柔らかいってのが定説ですが、これ偏見ですかね。
ここのはスープとの相性ありきだけど、しっかりと噛み応えもある麺で旨いっす。
そして具。
モヤシは口に入れた時の歯ごたえとしても香りとしてもアクセントになる、重要な位置づけですね。
そしてメンマ。
これが甘口の味付けで、スープとめちゃ合う。スープはほんのり甘めなんだけど、メンマはしっかり甘口。
これを食べてモヤシと一緒に麺を啜ればもうそれは抜群の相性ですわ。
薄っぺらいチャーシューは、普通でした。

全体的に優しく甘めの味付けになっており、それを支える相性の良い麺と具。
520円という価格。
家の近くにあったら通ってしまうよね。ってくらいバランス感覚の優れたラーメンでございました。

鎌倉観光のついでにどうぞ。

【パーソナリティー 社長】



Posted by : radioDTM | ラーメン・レ・ビュー | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0)
社長の「ラーメン・レ・ビュー」154軒目
よーーーーまいめん。
しゃちょういーーーーーんだはうす。

いや〜!
皆さん!
ちゃんと8月27日は空けてありますか??
radioDTMが"1000円じゃあnight"ってイベントやりますからね!!!!!
是非来てください!


2013年8月27日(火)渋谷O-nest
radioDTM presents
"1000円じゃあnight"
OPEN18:30 / START 19:00
ADV. ¥1000+1D / DOOR ¥1000+1D
※このイベントはは前売り・当日・ゲスト、全て統一価格にさせていただきます。
【出演】
H Mountains
カナタトクラス
テングインベーダーズ
Have A Nice Day!
夢見てる

なんて素敵なメンツなの!
是非とも仕事帰りにでもフラッと立ち寄って一緒に飲もうよ!
よろちくび!


さて!
本題や!
今日のラーメンはここ!

ささりんどう(経堂)


僕の家の近くにある「鶏ポタ」ラーメンを出すお店でございます。
レビューしたと思ってたら、まだここには出てなかったということで、ピックアップ!
こないだ久しぶりに食べたしね。
まぁまず「鶏ポタ」とはなんぞや。ということでありますが、とても簡単な事です。
鶏とポタージュのスープなわけですけど、ポタージュとはなんぞや。
Wikiってみたら、これはそう簡単な事ではないのです。でも説明するのめんどくさいので簡単にします。
ポタ、という言葉が付くラーメンでポピュラーなものは、ベジポタというものがありますね。
これは、野菜をミキサー等にかけて裏ごししたポタージュスープと、動物系とか魚介系を合わせて、
濃厚且つ、野菜の甘みがたっぷりと入ったドロドロスープを作り出すものでした。
で、今回の鶏ポタですが、実は取り上げるのは初めてではありません。
かつて中野新橋TSUTAYA前にあった「うぜん」という店が、まさに鶏スープとベジポタを合わせた店だった。
しかし、つぶれてしまった。。
この鶏と野菜ポタージュの組み合わせとして魅力的なのは、マイルドさだと思う。
鶏スープってのも白湯スープだとかなりマイルドで口当たりの滑らかのものになる。
そこへ、野菜のポタージュスープを合わせれば、そりゃマイルド且つ自然の甘みが溢れる事でしょう。
そして、ここささりんどうのラーメンは香味油がトマト油ということで、更なる野菜の魅力を感じられるわけですね。
女性にも喜ばれそうなクリーミーヘルシーオシャレラーメン。それが鶏ポタ。
いや、あんまりそういうこと言うとよくないな。なかなかのクオリティーではあるしね!
てか写真乗せてなかった!


どうです?
もはや白いもんね、スープ。
チャーシューは鶏、あとは水菜にコーンというサラダのような具材ですね。ヘルシー感満載。
上にかけられたトマト油が色合いとしても非常にマッチしております。
そしてここは麺が2種類あって、低加水麺とレンコン麺。
僕は低加水麺が好きでしょうがないので、そちらをチョイスさせていただきました。
で、実際に食べてみると、麺とスープの相性が良いですね。持ち上げも絡みも非常に良い。
味としては先ほど前述したように、マイルドでクリーミーな鶏スープ。
ジャガイモとかコーンとかのポタージュスープに、動物のコクと旨味がプラスされた味ですね。
もう少しスープに個性があっても良いかなと思うんだけど、とてもよく出来たスープですね。
で、鶏チャーシューも柔らかく肉厚で、鶏の旨さを存分に味わう事が出来ますね。良作。

しかし!!
この鶏チャーシューがうまいと思って頼んだチャーシュー丼。
これがいただけなかった。


見た目めっちゃ旨そうでしょ!
たしかに肉もたくさん入って、肉質も良い!
ただ、味付けがちょっと良くなかった。
醤油ベースの味付けなんだけど、あまり甘みのない感じでキリッとした感じの塩辛さだった。
これ別に良いんです。
ただ、そのタレをかけすぎててご飯がタレに染まってしまい、しょっぱくて食べれない!!
中身がとても良いだけに、これは非常に残念でしたね。。
で、ちょっとテンション下がって、卓上にあったカレー粉をスープにぶち込んでそこにご飯ぶち込んだらスープカレーになった。
で、これがうまかった。
でも白飯でやった方が絶対旨い。

というわけで、皆も是非行ってカレー食ってください。

 
【パーソナリティー 社長】


Posted by : radioDTM | ラーメン・レ・ビュー | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0)
社長の「ラーメン・レ・ビュー」153軒目
よーめいめ〜ん!!
社長だぜ〜い!

先週はフジロックボケで遅くなっちゃったけど、今週から気合い入れ直し!
昨日は収録も二本録ってきたぜ!
ほんと、バンドってたくさんいるよね。
ラーメンって、たくさんあるよね。
だから、追求しちゃうよね。
面白いよね。
わたし、面白い事、だーいすきなんだっ。(ソナチネの国舞亜矢風に)

...さ!
本題行きますよ!

こないだフジロックの前夜祭に出てた、ある人と飲んでて、ラーメンの話になった。
で、たしかその人がニンニク入ってるラーメン好きなんだよね〜て言ってて、
それだったらここのニンニクの使い方に感動すべし!ってオススメしたラーメン。
こちらです。

じらい屋(武蔵小山)


武蔵小山に君臨する人気店。
深夜までやってるって事もあって、かなり並んだりもするみたいですね。
こないだレビューした上弦の月と何となく似たような雰囲気だなーと思う。
狭い店内に所狭しと人が座り、ラーメンを啜る。それを切り盛りする一人の店主。
良い雰囲気だね。
ここは醤油、塩、味噌の三種類があって、僕の中ではこれら全部ある店って疑っちゃうんだけど、
見事なまでにどのラーメンも評判を得ている希有な店。
どんなもんかね、とかなりハードルあげていってきましたよ。ふっふっふっふ。
まずは店の名前がついた醤油ラーメンを。
こちらがじらいやラーメン。


どうです!
旨そうでしょ!スープ黒いでしょ!チャーシュー厚いでしょ!縮れ麺でしょ!旨そうでしょ!
以前、というか今でもなのかもしれないけど、富山ブラックっていうご当地ラーメン流行りましたよね?
あれは単純にスープに対して醤油の濃度が高く、味も濃いめになっているからこその黒さなんだけど、
ここもそんな感じなのかな?と思ったり。麺も太めだし、イメージは近いものがあるよね。
ただ、ここは注文時にニンニクの有無を聞かれます。
今回はニンニクありでオーダーしました。
というわけで、スープから頂きます。
...これは!!
旨い!
見た目からは少しギャップのある味、というのも塩分が濃いー!って感じじゃなくて意外と繊細!
ゲンコツメインな感じの動物系スープに多めのラード、醤油の甘みや香りがプーンとくる名作です。
そして、そこにニンニクですよ!
きざんであるわけでもないのかな。。探してもあんまりニンニクらしき物体は出てこない。
しかし、香りと味の最高のアクセントとしてニンニクがそこに存在している。すばらしい!
ニンニクの使い方がクドくなく、スープの邪魔をしてなくて、むしろそこに調和を与える存在!
この使い方は二郎みたいなラーメンに見習って欲しいくらいですね。
そして、麺。
このスープに合わせるのが中太の縮れ麺。低加水よりちょい多めくらいのムチワサガシッと麺。
ムチワサガシッと。
スープとの相性、僕はとても良いと思います。
もっと細くても良いかも、という意見が多かったように見られますが、香りのバランスと相性が良い。
繊細なスープではあるけれど、やはりパンチはありますからね。麺も負けてない感じです。
そして、具。
メンマは歯ごたえある系のメンマ。味付けはカエシかな。。
刻まれたネギはスープとの相性抜群。カイワレもとても合いますし、箸休めにとても良い。
そしてそして!
ここの名物とされているチャーシューが凄いうまい。
かなり厚く切られたチャーシューは、柔らかい食感で、あまり脂っこくもなく、とてもいい肉質。
なんかこれ使って近所のパン屋とバーガー出してるらしい。。
それは旨いか分からないけれど、チャーシューとしてはかなりの高レベルですね、間違いなく。

あっという間に完食。

スープのインパクトに、それを決して損なわない麺と具のラインナップ。
本当に感心するラーメンでございました。
是非ご一食。



【パーソナリティー 社長】

Posted by : radioDTM | ラーメン・レ・ビュー | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0)
社長の「ラーメン・レ・ビュー」152軒目
ヨーマイ麺んんんん!!
遅くなってしまったぜ麺!

フジロック帰りの社長です。
いやぁ〜、やはり今年も色々と刺激を受けましたね。フジロック。
ちょっとここで書いちゃうとラジオで喋れないので、書かないけれど、
とにかく物事に線引きをせずに、全てをフラットに見れる貴重な環境だと思うなぁ。
もちろん音楽に関してなんだけど、フジロックって場所で縛りを設けて音楽に触れるのはナンセンスだし、
それが出来ないように場所が整ってるのが、きっと毎年行ってしまう魅力でしょうね。
もし行った事のない方は是非とも一度は行ってみましょう。

さ!
というわけで本題です。
フジロックで食べたラーメン。


どうですか。
滲み出る田舎感。見るからに濃厚とはほど遠いスープ。
見て分かるように、豚骨です。
具には妙な個性がありますね。
タマネギ、チャーシュー、タケノコ、隠れた紅ショウガ、海苔。
いいー感じです。期待値は下がる一方です。というか、うまいラーメンを食べようなんてつもりで来てない。
それなのにも関わらず、この具の個性。これだけでグンと満足度が上がります。
ちょっとディスり気味なので店の名前は書かないですが、ここは麺の固さや味の濃さも指定できるそう。
ここを食べる前日に、別の店でラーメンを食べたのですが、
お湯に味噌を溶かしたみたいなスープに、老人用みたいなブヨッブヨの柔らかい麺が出てきて萎えました。
なので、今回は悲劇再来を避けるため固めでオーダーしてみましたよと。

さて、スープを一口。ずずずずずずずずずずず。。。。。
これは、、、
なんと、、、


レトルトかな?



微妙なラインだけど、かなり化学調味料の味が強いですね。
なんだろう、、タレをスープで割ってるというよりも、袋詰めのスープをお湯で溶いている感じする。
おれの勘違いなのかな〜。どうしても先入観を持ってしまう。
んん〜、当たり前だけど、残念な味だ。。
しかし、、!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
フジロックだと5割増くらいで旨い。
フジマジック。フジマジ。
そして麺。
まぁ、いわゆる中華麺。固めといってもそんなに固めじゃないし、固めに茹でにくい麺でもあるでしょう。
特にコメントなし。
そして具です。
これがまぁ個性的なラインナップですが、味はまぁまぁです。
でもさ、おそらくスープとか麺ってのはこういう場所ではコストをかけられないし、こだわれないと思うの。
で、おそらくこだわれるのって具くらいなんじゃないかなと思うんです。
こだわるって言っても、お金をかけるとかいうわけじゃなくて、地産のもののチョイスとかだと思う。
それは気持ちの問題かなと。
スープも麺も正直微妙だけど、その中にも少しでも個性や「らしさ」を盛り込もうという気概です。
それが少しでも感じられて良かった。


全体的には30点です。



【パーソナリティー 社長】


Posted by : radioDTM | ラーメン・レ・ビュー | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0)