link
special
radioDTM.jp site

blogトップへ

メルマガ登録へ

linksへ

公式バナーへ

Podcastへの登録と試聴

メールはこちら


link

play for japan

酒ト飯 イイダ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
アーカイブ
リンク集
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
プロフィール
検索
管理者ページ
RSS1.0
Atom0.3
<< 社長の「ラーメン・レ・ビュー」155軒目 | main | 【videoDTM:LIVE】ビイドロ「けむりのなか」「北極のペンギン」 >>
コヤマリョウのSKY(サブカルクソ野郎)/コント番組「笑う犬の生活」〜素敵な現実逃避〜
 

radioDTMリスナーの皆さん、お疲れ様です。

コヤマリョウです。

もう来週には開催なんですね、【¥1000じゃあnight】。

 

2013827日(火)渋谷O-nest

radioDTM presents

"1000円じゃあnight"

OPEN18:30 / START 19:00

ADV. ¥1000+1D / DOOR ¥1000+1D

※このイベントは前売り・当日・ゲスト、全て統一価格にさせていただきます。

【出演】

H Mountains

カナタトクラス

テングインベーダーズ

Have A Nice Day!

夢見てる

 

平日の夜にフラリとライブハウスに行って、気軽に音楽を楽しめる、

それって凄い良いよね、って感じで考えました。

是非ともご来場を。

 

それにしても、毎日暑い。そして突然の雨が怖い。

ただでさえ出不精の私、そんな時は家でDVD観賞です!

 

このコラムでは私コヤマリョウが好きなモノを、文化人気取りでジャンルに拘らず節操無く紹介していきます。

あくまでも個人的な視点で対象に対して思った事・考えた事を書いていこうと思います。

このコラムで興味を持ってもらえたり、飲み会のネタの一つになってもらえれば光栄です。

テーマは「曝せ、SKY(サブカルクソ野郎)」です。

 

私はもの凄くテレビっ子です。

思い返せば、そのきっかけは小学生の頃。

木曜日はとんねるずの「みなさんのおかげです」、土曜日のウッチャンナンチャンの「やるならやらねば」、日曜日のダウンタウンの「ごっつええ感じ」。

所謂「コント番組」が大好きだった。

大人が真面目に悪ふざけをしている姿に興奮してゲラゲラ笑っていた。

私に「テレビは面白い」と教えてくれた。

 

先日、このコラムに度々登場する兄のウチに遊びに行った。

兄は私がサブカルクソ野郎になったきっかけを作った一人で、今でもなかなかの収集癖を兼ね備えた人だ。

今回はその時、兄から借りたあるコント番組のDVD-BOXからご紹介。

私の出不精と夜更かしに拍車をかけました。

 

今回紹介するのはコチラのコント番組。

「笑う犬の生活」


 

98年から放送を開始した、ウッチャンナンチャンの内村光良が「純粋なコント番組を作りたい」と宣言した番組。

メンバーは内村光良を筆頭にネプチューン、オセロの中島知子、女優の遠山景織子で毎週コントのみを放送する素晴らしい番組でした。

放送していた当時大好きだった「笑う犬」のコントは、今見ても凄く笑えました。

これが凄く重要だと思う。

 

私はウッチャンの作るコントが大好きだ。

ウッチャンのコントを簡単に説明すると「変な奴が出てくるコント」だ。

私達の普段の生活に変な奴が現れる。その光景が凄く面白い。

そしてウッチャンのコントには悪い奴が一人も出てこない。

変な奴が変な事をやらかすけど、なんだか憎めない。

 

この度、久しぶりに「笑う犬」を見て、

私はそのコントの世界の住人になりたいと思ってしまった。

 

私が思う「笑う犬」の魅力は、

心地の良いハチャメチャさ、だ。

馬鹿みたいに破天荒なのに誰一人傷付けない世界を徹底して作り続けているウッチャンが改めて大好きになってしまった。

 

 

最近のテレビは、どうも現実と地続きで作られている印象があります。

それを否定するつもりは一つもないけど、

少しは素敵な現実逃避ができるような番組があっても良いのではと思います。

 

【コヤマリョウ】

Posted by : radioDTM | SKY(サブカルクソ野郎) | 02:05 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.radio-dtm.jp/trackback/983046