link
special
radioDTM.jp site

blogトップへ

メルマガ登録へ

linksへ

公式バナーへ

Podcastへの登録と試聴

メールはこちら


link

play for japan

酒ト飯 イイダ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
アーカイブ
リンク集
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
プロフィール
検索
管理者ページ
RSS1.0
Atom0.3
<< コヤマリョウのSKY(サブカルクソ野郎)/小説「勝手にふるえてろ」〜それなりにやってます〜 | main | 配信予告:【ゲスト】LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS >>
社長の「これでも聴けば」Vol.113

こんばんは。
これ聴けの更新はお久しぶりになってしまいましたね。
あけまして、社長です。

2013年に入りまして、
今年の音楽は一体どんなものが出てくるのか、わくわくドキドキしている今ですが、
すでに楽しみな新譜が出てきていて嬉しい限りですね!!

さて、今週のこれ聴けですが、、

これ聴け大賞!!!洋楽編!!!おさらい!!!

去年末に僕が選んだ3枚。
内容のレビューについて書く予定でしたが、年末に書けなかったので、新年に!
去年を振り返る事で、今年をスタートさせようというわけです!!
では、どうぞ!


Antony & The Johnsons / Cut The World


いやいや、これはライブ盤だからなのか、あんまりベストに挙げてる人がいないです。
内容の問題かな。。
このアルバムの素晴らしさは、何と言ってもライブ盤とは思えないその静けさと荘厳さ。
Antonyの息遣いがスタジオアルバムよりも繊細に鮮明に聴こえるような気さえする。
その息遣いやその場の茎を感じ取ろうとすると、いやがおうにも集中して鑑賞してしまう。
そして、いつの間にかその場所に、体と脳が移動していってしまっている。
このアルバムは、Antonyの歌声はもちろんのこと、前述したような息遣い、動き、
そして精神性や信念までをも感じ取れてしまうアルバム。
そうして、最後まで聴いたとき、観客の歓声が耳を打つ。
そこで、やっと現実に戻ってくるのだ。意識も、肉体も。
素晴らしいライブを見た後よりも、心が動かされる傑作だと思う。
来日切望。

Fiona Apple / The Idler Wheel Is Wiser Than The Driver Of The Screw And Whipping Cords Will Serve You More Than Ropes Wil Ever Do


ちょっと逮捕されちゃったので、ショックなんですが、作品としてはとっても良かった。
フィオナは前からずっと好きで、新作が出た事自体が歓喜なんだけど、内容がすごい。
必要最小限の音数にフィオナの圧倒的に個性的な歌声がズドンと乗っている。
ただそれだけなのかもしれないけど、それだけでフィオナアップルとしてのオリジナリティーが出まくってる。
それは、危うさであり、狂気であり、それでいて力強く、生命力に溢れた人間の味だと思う。
ジャケからして、ちょっとパーソナルな方向にいきすぎてるのかなとも思うけど、それでも充分ポップ。
この範囲ギリギリに作品を持っていく所は流石だなと思う。
わりと好みが分かれる作品だと言うこえが多いけど、僕は誰でも聴ける幅の広い作品だと思う。
リズムの面白さと、フィオナの歌声だけで何周か聴けるくらい。
んー!こちらもライブが見たい!!!


Death Grips / Money Store


前述の二枚がなんか暗いなと思ったので、とにかく面白いのを一枚選ぼうと思って選んだ一枚。
HELLAのハイパードラマーのザック・ヒルが中心となって結成されたバンド。
まぁヒップホップとハードコアがやはりどの脈略に置いても語られるけど、そのアホさが良い。
意外とメッセージ性があるので、アホとか言うと申し訳ないんだけど。。
ただ、その衝動的で暴動的で反抗的な音楽を久しぶりに聴いたなという嬉しさがあった。
こういう音楽が出てこないと、やっぱつまらんよね!
Odd Future関連も、ケンドリックラマーもたしかに素晴らしいけど、この人たちに比べると普通。
ボーカルのステファンのルックスというかフォルムというか、これまた笑えるくらい完璧。
どう考えたって普通じゃない人間にしか見えない。
それがザック・ヒルのバカテクビートに乗ってラップするわけだから、そりゃ凄いでしょ。
久しぶりに「興奮」できるアルバムを聴きました。



というわけで、どのバンドもライブを見たいですね。
Death Gripsは来日するので、皆さん是非とも行きましょう。

今年もこれ聴けをよろしくお願い致します!!!!!!!!!!!

【パーソナリティー 社長】
Posted by : radioDTM | これでも聴けば? | 05:31 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.radio-dtm.jp/trackback/982921