link
special
radioDTM.jp site

blogトップへ

メルマガ登録へ

linksへ

公式バナーへ

Podcastへの登録と試聴

メールはこちら


link

play for japan

酒ト飯 イイダ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
アーカイブ
リンク集
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
プロフィール
検索
管理者ページ
RSS1.0
Atom0.3
<< エセWebデザイナーへの道:第4回(更新履歴を作る) | main | 配信予告:【ゲスト】henrytennis >>
社長の「これでも聴けば」Vol.111
こんばんは。
社長です。

寒いね。
ちょっと冬眠しました。

これ聴け大賞選定しました。

今年はちょっとだけいつもと違う形で選んでみた。
何かちょっと希望とか今後の展開とかあわよくばも考えて、まずはこちらから発表。


超私的これ聴け大賞邦楽編〜!!


あえてくくりましたよ。邦楽。
基本的には海の向こうの音楽を中心にこれまで選んでおりましたが、今回はちょっと変えた。
日本の音楽の素晴らしさを伝えるラジオですからね、一応。
僕としてもラジオとは別に、というわけではないですが、未だゲストに来てもらってない方々の音楽ももちろん聴いてます。
なので、敢えてここで、ゲストに来てもらった方以外の作品の中で素晴らしかったものを選定。
ゲストの方々のを入れない理由は、良くなかったわけじゃなくて、あくまでラジオで聴いてほしいからです。
そこんとこよろしく。


さ!というわけで、まずは一枚目!
ずどん!

青葉市子/うたびこ



んー!!
先日のおとぎ話とのツーマンも記憶に新しい女性SSW。
おとぎ話がツーマンの相手に青葉さんを選んだ事で密かに漲っていました。
やはり才能、魅力のある音楽の共演というのは、ジャンルを飛び越えドキドキするものです。
ちなみに行けませんでしたけどね!号泣
1stの「剃刀乙女」、2ndの「檻髪」、そして今作の「うたびこ」。
不和リンという曲で僕はこの方を知ったのですが、それ以来全作アルバムは聴いている。
すべて大好きで聴いておりますが、本当にどんどん歌声が深く深くなっていくなぁと。
もともと明るい歌という印象はないけれど、今作では生死についての歌が印象に残る分、心にも深く根付く。
この優しい歌声の中に隠された、どことなくダークなニュアンスと独特なギターフレーズがいつまでも耳に残る。
何より今作は、青葉さんの息遣いの一つ一つから、彼女の「生」がとても近くに感じられる作品。
歌が歌を生んでいく様な、そんな感覚がするアルバムです。
まだ22歳とかですよね。どうなっちゃうのよ。



柴田聡子/しばたさとこ島



この方はカネコくんが以前、ビデオスタッフとして行った現場で偶然遭遇した女の子です。
カネコくんがやや興奮気味にヤバい人いたって言ってきたのを覚えています。
そのとき「カープファンの子」の弾き語りをしていて、その映像を僕も見させてもらったのですが、まぁ凄かった。
何か色々凄かった。正直下手だったし、間違えてたし、いつ終わるか分からん歌だったけど、べらぼうに良い歌だった。
そして月日は経ち、カネコくんが今作をいち早く僕に聴かせてきたときもヤバいアルバムあったって言ってきた。
まぁまぁ、好みなんでしょ。と思ってなめて聴いたら本当にヤバかった。
語弊あるかもしれないけど、普通の女の子が超本気出した感じのアルバム。
あどけなさや、天然っぽさ、なんかとてつもないことサラッと言う感じとかは以前の印象と一緒。
しかし、この才能あふれるSSWの底力をグーーーーーーーーーッと引っ張り上げた作品はこれですね。
やっぱりプロデュース、ゲストミュージシャンによるアレンジが本当に素晴らしい。
歌の良さを損なわないアレンジで、それでいながらポップネスとカラフルな世界を一気に引き上げてる。
良い意味で別の要素が入る事で、ものすごい歌作ってるんだなこの人、ってのが手に取るように分かるんです。
才能のある人に、センスのあるプロデュースがつくとこうまで化けるものかと驚きました。
女子、恐るべし。



トクマルシューゴ/In Focus?



すごい、やっぱり。
なんというか、自分の音楽をポップに昇華させるという方法も手腕も実験もセンスも超一流だと思う。
結構僕にとってリアルタイムなアーティストの一人ですが、この一貫性と前進する速度が凄いと思う。
なんとなく、ダッシュじゃないんですよね。
淡々とマラソンを走っていく感じ。そうやって時と音楽がリンクして、いつまでも残る音楽を作ってる。
なんか分かりにくいな。
歩いて行ける桃源郷のような。
日常性とファンタジーという交わりそうにない要素が、トクマルシューゴという人間にかかると魔法のように結合する。
だから、このアルバムだけではないかもしれないけれど、音の優しさや歌声で感じられる身近な感覚と、
その壮大なサウンドスケープと、いくつあるか分からない楽器の音色で奏でられる夢の世界が、耳を通して脳を浸透する。
きっとこれは万国共通の感覚なんだろうな。
居心地の良さ。どこかその姿勢、音楽の佇まいが日本的で、それもまた嬉しかったりする。




とまぁこんな感じで3枚発表させて頂きました!!
個人的には、バンドというより個人の力がより強く印象に残る一年でしたね。
これから、気に入ったら呼べる!くらいになれるよう、radioDTM頑張ろうと思います。

ちなみに、今年来てくれたゲストの皆さんがリリースしてきた音源ももちろん素晴らしいものばかりですからね!
ラジオを聴くように!

来週もまた別の大賞を発表!
お楽しみに!



【パーソナリティー 社長】
Posted by : radioDTM | これでも聴けば? | 02:33 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.radio-dtm.jp/trackback/982897