link
special
radioDTM.jp site

blogトップへ

メルマガ登録へ

linksへ

公式バナーへ

Podcastへの登録と試聴

メールはこちら


link

play for japan

酒ト飯 イイダ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
アーカイブ
リンク集
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
プロフィール
検索
管理者ページ
RSS1.0
Atom0.3
<< コヤマリョウのSKY(サブカルクソ野郎)/漫画「団地ともお」〜簡単な哲学〜 | main | 配信予告:【ゲスト】テングインベーダーズ >>
社長の「これでも聴けば」Vol.108
どーも。
社長です。

先週くらいから何だかせわしなく動いたりしております。
寒さも忘れますな。良い事です。
radioDTMからは今月末
「配信200回記念イベント出演アーティスト第一弾発表」
が行われる事が発表されましたね。
皆さん、期待してくださいね。
なんせ、新宿ロフト4日間ですからね!こっちも気が気じゃないんじゃ!キャオラッ!
発表されたあかつきには、皆さんで大拡散をお願いします。頼むぜ!

で、ライブつながりってわけじゃないですが、こないだ渋谷のnestで見たライブの事をちょっと書く。
タラチネのレコ発が先日行われていたわけですが、このイベントが本当に素晴らしかったんだなあ。
全部書くとあれなのでタラチネの事を少し。
タラチネの音楽って、とても生活感があって温度が人肌に近い音楽だなと思う。
今回のイベントは、まさにそんな人肌の温度を感じられるイベントだった。
お客さんの反応も、ライブハウスの空気も、アーティストの演奏も、その関係性も、とても人肌に近い温度だった。
それがきっと心地よさというやつにつながっていたし、音楽的にも居心地の良い音楽が鳴っていた。
そんなイベントを締めくくるタラチネのステージはまさに人間と人間の距離を縮める幸せな空間だった。
日々の生活や会話、その中で生まれる小さな幸せが集まった様な多幸感に溢れていて、光っていた。
ステージ上のメンバーが誰よりも楽しそうに演奏をし、それでいてしっかりと音楽を聴かせる。
そしてこの日に関しては、エモーショナルに歌う一面も見れたりして、それがまた素晴らしかった。
溢れ出るというか、滲み出るというか、そういう感情の吐露がここまで美しいものなのかと驚いた。
美しすぎる物語。んー、、そんなの出来過ぎだけど、本当に日常と生活の素晴らしさを感じるライブだった。


さ!
というわけで、ライブの感想から入りましたが、今日は音楽遍歴シリーズの〆です。
〆っていうか、まぁ「今」であり、音楽の探し方っていうのをちょっとお伝えします。

僕は今も音楽を聴いています。当たり前ですけど。
で、良く聴かれるのが、音楽ってどうやって探すんですかー??っていう質問。
これ、まぁ質問として人任せやなーと思ったりもするんですけど、気持ちがわからなくもない。
僕も音楽をもっと知りたいと思った時に、すごく詳しい人に 聞いたりしたもんですからね。
というわけで、僕が現在良く活用している音楽メディア、SNSあたりをご紹介しましょう。

まず一つ目。
あんま使ってないやつから紹介します笑。

Last.fm
Last.fm はあなたの scrobble が支える世界最大オンライン・ミュージックカタログ。
無料インターネットラジオ、動画、写真、統計データ、チャート、アーティスト・バイオ、コンサート情報など、音楽を存分にお楽しみいただけます。


上記がサイトにある説明です。
僕が登録したのはかなーり前なので、今は多少変わってるのかもしれませんが、
簡単に言いますと、自分がiTunesで聴いている楽曲情報を、自動的にこのLast.fmのアカウントに送ってくれる。
で、アーティスト別の再生回数をランキングで表示してくれたりするわけです。
で、その音楽の趣味が似通った人たちを探してくれ、いわゆるフレンド申請的なものをし合ってコミュニケーションすると。
当時、何年前か忘れたけど、どちらかというと海外の人の方が多く使っていたので、申請来たのは外国人ばかりでした。
まぁ僕の趣味が洋楽に偏っていたというのもあるのですが。
で、なぜこのLast.fmが音楽探しに活用出来るかというと、Facebookの「知り合いかも?」のように、
「これも好きかも?」というアーティストを、自分が聞いている曲から割り出して提示してくれるんです。
更には、アーティストのページに行くと、「これを聴いている人はこれも好きです」みたいなのがある。
これ、今となっては結構いろんなメディアやらお店がやってますけど、僕はこのLast.fmが好きだった。
というのも、一般人の音楽好きが集まったコミュニティーだったので、妙に信頼があったんですよね。
これを芋づる式に辿っていくと、永遠にアーティストを知り続ける事になるんです。
まず自分の好きなアーティストから、それに似ているもの、さらにそれに似ているもの。。。
こうやって掘っていくと、最初はフォークシンガーだったのに、いつの間にかハードコアに辿り着いたりする。
でもそれが何故かツボだったりして面白いんですよ。
もし良ければ、今からでも登録してみてはいかがでしょうか。

さて、続きまして、、
海外のサイトを二つほど紹介します。

Pitchfork
npr
僕が毎日のようにチェックしてるサイトですね。
まぁPitchforkに関しては、辛口採点がよくメディアにのったりしてますね。
Pitchforkで10点満点!みたいな触れ込みとかもありますね。日本でいうとミュージックマガジンみたいなもんすかね?
違うか。
まぁ、簡単に言うと音楽ニュースとか、リリース情報とか、動画とか、試聴とか、レビューとかのコンテンツが詰まった音楽サイト。
こういうメディアはチョイスのセンスが好み分かれますが、日本でロキノン系とかいうのがあるように、
よく音楽の会話してると、Pitchfork的なアーティストというのを皆なんとなく感じている。
Pitchforkをチェックしておくのは、そういう会話のネタ的にも広がりができて良いですね。

で、もう一つのnpr。
これに関しては、いわゆる先行試聴をやっているのが見ている理由の一つですね。
First Listenというコンテンツをチェックすると、気になる新譜は大体そこで聴けます。
しかも大体において、全曲試聴が可能なのが良いですね。
で、これは人によって感覚違うかもしれないんですが、トラックが分かれてないのが良いんです。
要は飛ばし聴きが出来ないんです。
これって凄く良いと思いません??
手当たり次第タダで聴けるという時代ではありますが、こういう縛りは素敵だと思うんです。
試聴するなら全部聴けと。ダメだと思うなら適当に飛ばして聴くなと。というかそれで判断するなと。
そんなこと何も考えてないかもしれないですが、僕は勝手にそう解釈して、とても良いと思ってる。
良いか悪いか、買うか買わないか、それを判断するには全部聴かなきゃね。とても正しいです。
是非とも皆さん、チェックを。

さて、皆さん。
新しい音楽との出会いは意外と身近に溢れていますよ。
人に聞くのも良いですが、自分一人で探す方法もたくさんあります。
是非ともご活用を。



来週は僕が目指しているラジオを紹介します。
ご期待あれ。



【パーソナリティー 社長】
Posted by : radioDTM | これでも聴けば? | 02:13 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.radio-dtm.jp/trackback/982874