link
special
radioDTM.jp site

blogトップへ

メルマガ登録へ

linksへ

公式バナーへ

Podcastへの登録と試聴

メールはこちら


link

play for japan

酒ト飯 イイダ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
アーカイブ
リンク集
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
プロフィール
検索
管理者ページ
RSS1.0
Atom0.3
<< エセWebデザイナーへの道:第1回(序章) | main | 配信予告/【ゲスト】小島ケイタニーラブ >>
社長の「これでも聴けば」Vol.105
どーも。
社長です。

そういえば先日ビックロにいってまいりました。
ビックロとは、新宿に先日オープンしたユニクロ+ビックカメラの複合店。
僕はカネコにある事情でもらったズボンが気に入り過ぎて、それをまとめ買いする為にいったのですが、
いや〜、すごい人でした。人かマネキンか分からないくらいの人でした。
そして服か家電か分からないくらいのごちゃ混ぜ感でした。
片付いていない家のような空間だ。
逆にこれ融合する価値あるのかイマイチ分からなかったんですが、どうなんでしょうかね。
人によっては、服買いに行って「あ!ここにテレビもある〜。買おうかな〜。」てなるんですかね。
僕は絶対にならない。
一体どういう目的なのでしょうか。いずれ家電フロアと服のフロアで分かれる気がする。
これといって面白い空間とも思わなかったし。でも、人が多くてテンションは上がった。観光地的な。

というわけでスーパーどうでもいい事でしたが、今日も書きます僕の音楽遍歴。
先週は僕がハマった音楽ムーヴメント「マッドチェスター」について触れましたね。
最後にシューゲイザーなんてこと書きましたが、今日はそれについては書かないです。
この頃、音楽を文化として触れるようになり、まさに音楽にハマっていった僕ですが、
それと同時にハマり始めた事があるのに気がつきました。
それは、
CDを買う
です。
遅っ。
と思うかもしれませんが、部活やら何やらに傾倒していた高校時代には金も暇もなかったのです。
それが終わり、暇を持て余している時に、このCDを買うという行為にハマってしまったのです。
要は友達から借りたり、TSUTAYAで借りるだけでは、聴きたいものが全て聴けないような趣味になった。
これがCDを買い始めた理由です。
しかし金はやはりない。いくらスロットで稼ごうが金はない。おっとこれは余談ですね。
金がないのにCDが欲しい。
どうするか。それはいかに安くCDを手に入れるかという事を考えるようになるわけですよ。
そうなると必然的にハマるのは

中古CDショップ巡り。

今日はこれについて書いてみようかなと思います。

まず、中古CDショップと言えど、数多くのお店がありますね。
皆さんが馴染みあるのは、やはりディスクユニオンでしょうか。
更には大きいとこで言えば、レコファン、ドラマ、そしてブックオフ。
確実に僕の地元の下北沢あたりにある店が羅列されている事はお許しください。
俺そんなとこ行かねえし!センス悪!と思ったら存分に罵ってください。

これらの店には特徴がある。
品揃えについては、もちろん特色はあるけれど、まぁものすごい大差がある訳ではないと僕は思う。
それは、中古品であるが故の問題で、要はそこに売られたものが店に並ぶわけですから、
半分は買い取りに行く人次第な部分があるのですね。
しかしお店も会社が経営しているわけですから、売れるもの売れないものの店間でのやりとりや、
その店に合わせた品揃えを棚に並べていくと言う作戦はどの店も行っている事でしょう。
さらには、その店がある場所に寄って、周辺地域に住む人間や通う人間も変わるので、
土地柄、というのも大きな要因になります。
また、買い取り価格が高いお店にはもちろん売りにいく人が多くいるので、結果的に品揃えも良くなる。
逆に売値が安いお店にも人は多くくるので、そのついでに売る人もいるでしょう。
要はですね、中古CDショップ特色というのは、その全ての要素のバランスで成り立つわけですよね。
これが優れていると、結果的に良いものを安く提供出来るように店が成長していくわけです。

って本題までだいぶ遠い感じの所でたくさん書いてしまいましたが、ここから少しずつ掘っていきます。
きっと何週かに分かれます。そんな予感がしています。

まず、僕が一番良く行っていたお店は、ディスクユニオンです。
当時、僕は洋楽ばかりを聴いていた人間ですから、その辺の品揃えはやはりピカイチだと思います。
しかも都内に何店舗もあるので、ユニオン巡りをするだけでも一日が終わっていってしまいます。

ユニオンで僕がまずした事。
それは相場の確認です。
欲しいCDがあったとしましょう。それが下北沢店の新着コーナーで1260円で売られていたとします。
もし僕がそのCDを、すぐに、いくら出しても欲しいと思えば即買いでまったく問題ない。
しかし、状況は深刻です。
なぜなら金がない。即決は出来ないのです。
そしたら何をするのか。まずはシラミつぶしにその店に同じ商品がないか探します。
そこで大事になってくるのが、見落としですね。これだけは避けたい。
なので、まずはセール品が置いてある棚、もしくはカートからガンガン攻めていきます。
ここはA〜Zで並んでいるわけではないので、端から端まで見るわけです。じーっとさーっとね。
ない。
そうなったら通常の棚にいきます。
目当てのアルファベットに向けて一直線に走る。いや、店内は走っちゃダメだ。歩こう。
そして、、
見つける。コチラの棚では状態の違いからか、同じ商品が1050円で並んでいる。210円の節約になった。
(ちなみに状態はA〜Dのランク付けがあって、もちろん悪いほど安くなる。)
これは買い!
ではない。
なぜなら、金がないから。
ここで見なくてはならないのが、値札の色である。
ユニオンでは「色別割引セール」というものを常にやっている店舗が多い。
これは、値札の色を基準に、在庫として長く売れ残っている順に何割か引いてくれるセールだ。
例えば新着商品が水色だった場合、それがセール対象になる事は絶対にない。入ったばかりだからね。
新着順の値札の色が 水色ピンクうぐいすオレンジ黄色 という順序だった場合。
黄色→50%オフ
オレンジ→30%オフ
うぐいす→10%オフ
ピンク水色→セール対象外
という感じになったりする。これはあくまで一例なので、店によっても違う事を理解してほしい。
で、
例えば、僕の欲しいCDの値札がピンクだったとしよう。
すると、割引はない。
では、諦めるしかないのだろうか。いや、そういうわけでもない。
ここでやらなければならない事は、他店舗での値段を確認する事である。
マジかよ。正気か?めんどくさい。きもちわりいよ。と思うかもしれないが、金がないから仕方ない。
移動はもちろん自転車だ。電車賃払えるくらいなら、とうの昔にCDは購入完了しているのだ。
これは時間との兼ね合いで行く店舗を決めよう。
下北にいたら渋谷、新宿あたりだろうか。そこで改めて相場を確認する。
しかしユニオンというのは、やはり信頼出来る店舗でありまして、相場に関しては大差はない。
大事なのは、その店舗ごとのセール状況と、売れ残りによる色別割引のパーセンテージだ。
これによって、価格の差が大きく出てくる。
そして、大体の場合、欲しいCD自体がなくてガッカリする事が多いのがサダメである。
さぁ、下北沢に舞い戻ろう。
CDを買う為に?いや、違う。現実を受け止める為に。
下北沢で売られていたCD。新着では1260円、棚ではピンクの値札(割引なし)で1050円。
このCDをじっくり見つめるのだ。
果たして本当に欲しいCDか?1050円というお金を払って良いのか?俺は今なにしてるんだ?
自問自答を繰り返そう。
たかが一枚のCDの為に繰り返そう。きっと人生における大切な決断なんだと信じて考えよう。
そして、、


諦めよう。


残念だが、僕にはこのCDに1050円を払うほどの経済力はなかった。
バイトをサボった自分を恨もう。
お小遣いをたくさんもらえる家庭にいなかった自分を悲しもう。
そして、家路につく。





ということを繰り返すのです。
アホですね。

しかし、これは買えなかったパターン。
いくつか買ってしまうパターンもあります。
まず棚に並んでいる値札の色は一緒で、価格が840円だとします。これなら買う。
値札がピンクで割引がない。
しかし、それは逆に(買われてしまうかもというリスクと共に)少し待っても、10%しか割り引かれないということだ。
更に待って、30%〜50%の割引を狙うか?
いや、そのころにはこのCD自体の相場が下がってしまうかもしれない。それでは待つのもアホだ。
という流れで、購入決定!!!!

帰り道、CDウォークマンにセットして聴きながら帰る。これほどの至福があっただろうか。

ムフフフン♪

あれ、
ちょっと待てよ、
これ、

駄作じゃないかー!!
全然良くないじゃないかー!!!!
これじゃないやつ買えば良かったよー!!!号泣


というパターンもまた、よくあることである。

今回は分かりやすく、一枚のCDで書かせてもらった。
しかし実際はこれを何十枚というCDで同時進行していくのだ。
これまでのドラマをすべて台無しにしてしまう様な要約を書こう。

1.まず店に入ったら安いものやセールコーナーからシラミつぶしに商品を見ていく
2.その後、棚のA〜Zまでを全て見ていく
3.欲しいと思ったCDと、その価格、値札の状態を確認し、頭に叩き込む
4.他の店舗に行き、同じ事を繰り返す
5.すべての欲しい商品の値段を思い出し、買う場所、買うものを決め、買っていく
(本当はこれと同時にユニオン以外の店も回り、相場や値段を確認してくわけですが。。。)

6.晴れて欲しいCD安く購入し、優雅な帰り道を過ごす



というわけですね。
ちなみにユニオンには全てを吹っ飛ばす「630円以下105円セール」というのがある。
105円というのはユニオンの最低価格。
これで欲しいものを見つけたら即買い、であることを最後に付け足しておく。



CD購入とは一つのドラマだ。
これを繰り返す事で、ハマっていくのです。CDを買うという、ただ一つの行為に。
皆さんも試してみては?


試さないか!!


次回はブックオフ編。笑


【パーソナリティー 社長】
Posted by : radioDTM | これでも聴けば? | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.radio-dtm.jp/trackback/982848