link
special
radioDTM.jp site

blogトップへ

メルマガ登録へ

linksへ

公式バナーへ

Podcastへの登録と試聴

メールはこちら


link

play for japan

酒ト飯 イイダ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
アーカイブ
リンク集
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
プロフィール
検索
管理者ページ
RSS1.0
Atom0.3
<< 見放題ユーストやってるよ! | main | このLIVEにいてこい/Hostess Club Weekender >>
配信後記#162/【ゲスト】KETTLES
 
radioDTM in OSAKA!!!!
ってことで、まいど!構成のカネコです。
僕らは今日(7月7日)は、サーキット型フェス「見放題2012」
出張ラジオ番組をやるべく、大阪に来ております。
この配信後記も心斎橋BIGCAT前のバーガーキングで書いてます笑
というか今回配信する回の編集も、深夜バス内で完成させました笑
・・・どんだけカツカツなの??^^;;

見放題のユーストリームは今日のお昼12時から夜の8時までやってますので、
どうぞ御覧ください!豪華ゲストが登場するかもよ!?

ってことで、今週のゲストですが、
先日、Fujirock Festival'12のルーキーステージ出演が決定したこのバンド!



KETTLES!!!!


新コーナー「新曲もってこいっ!」の第2回でも紹介しましたが、
KETTLESのNewアルバム「Here!」の業界向けプレスキットの解説を
何と社長が担当させていただきました!

というのも、本当に「Here!」ってアルバムは素晴らしくて、
コーナーで一曲だけ紹介ってのは勿体無い出来なのでございます。
そんなことで、改めてスタジオに遊びに来ていただきました♪

カネコとしては、もともと男女2人組で、楽器も歌とギターとドラムのみっていう
窮屈なしばりがある音楽であるKETTLESが、こんなにも自由に音楽を表現出来てるって
何か凄くない??って思わせてくれたアルバムでした。

そんでもって業界向けに書かれた社長の解説はこちら。
(*KETTLESからの許可を得ての掲載になります。二次利用などは出来ません)

コイケとオカヤスの二人はKETTLESとしてのキャリアはまだ長くないものの、ミュージシャンとして10年以上活動をしてきている。初期衝動なんてとっ くの昔に置いて来てしまっていてもおかしくないのに、この二人の音楽からは未だに初期衝動のエネルギーを感じてしまう。1stアルバムの「ビー・マイ・ケ トル」にはまさにそのエネルギーが分かりやすく満遍なくちりばめられていた。その後、二人のライブを観に行ったのだけど、まさに人間そのものを吐き出して いる様な、愚直さと生々しさが溢れた躍動感のあるライブをしていた。

しかしこの2ndアルバム「Here!」は、その生々しさというより作品性としてのクオリティーを大きく高めている。KETTLESの音楽は奥行きとスケール感を増し、大きく飛躍しているのだ。

冒頭4曲は1stの疾走感を受け継いだ様なパンクロックが矢継ぎ早に展開され、初めて聴いた人間にもKETTLESの勢いと唄心を理解させる要素が、十二分に詰め込まれている。

た だ何度聴いてもこのアルバムのハイライトは5曲目に収録された「忘れたくても」だ。KETTLES型シューゲイザーとも言えるこの曲は、その耽美的なメロ ディーと憂鬱なバンドアンサンブルが、Rideの”Vapour Trail”やThe Jesus and Mary Chainの”Just Like Honey”なんかを彷彿とさせる美しい楽曲だ。ミニマルに響き続けるオカヤスのコーラスとドラム、それを時に遮るように、時に寄り添うようにコイケがメ ロディーを紡いでいく。どの曲においてもオカヤスのコーラスが曲に奥行きと軽やかさやポップネスを吹き込んでいるのは、このバンドの確固たる魅力であり、 このアルバムでは更に際立っている。

そこにパンクとしての愚直さを残せるのは、コイケの人間性そのものが音楽に溶け込んでいるからだろう。

この「忘れたくても」をきっかけにKETTLESのポップネスは形を変えて爆発する。それはKETTLESにとって実験的とも言えるシンセサウンドをフィーチャーした「ヤバイバイバイ(リミックスもラストに収録されている)」で顕著に表れている。

このあとアルバムのラストまで、二人が今持っている引き出しを全部引きずり出してきたような、懐の大きさを感じざるを得ない展開。このバンドが持つ今後の可能性を無限に広げる楽曲群が、最後まで聴く者を掴んで離さない。

作品としての奥ゆかしさは大きく成長しているが、僕の気持ちの中でKETTLESの二人から「パンク」「初期衝動」というキーワードは切り離せない。

おそらく愚直な人間がギターを鳴らし、歌っているというのが、ここまで音楽から伝わるバンドはなかなかいない。オカヤスがビートを刻み続ける限り、コイケがギターを掻き鳴らし言葉を吐き出し続ける限り、KETTLESの初期衝動は果てしなく続く。

解説:radioDTM 社長



・・・うん、硬いよね笑。
まぁあくまで業界向けに書いてるので専門用語多数になってます。
ただ、今回のラジオでは、改めてリスナーに向けて、社長の再分析をお送りしてます。
どうぞ、見放題のユーストリームと合わせてお楽しみください♪


【構成カネコ】
JUGEMテーマ:音楽
Posted by : radioDTM | 配信後記 | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.radio-dtm.jp/trackback/982752