link
special
radioDTM.jp site

blogトップへ

メルマガ登録へ

linksへ

公式バナーへ

Podcastへの登録と試聴

メールはこちら


link

play for japan

酒ト飯 イイダ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
アーカイブ
リンク集
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
プロフィール
検索
管理者ページ
RSS1.0
Atom0.3
<< 殿パチスロ街道 台8回 | main | 社長の「これでも聴けば」Vol.54 >>
エセ情報通への道 6話題目
作家カネコの
DEMOこい的エセ情報通への道!!!!


作家カネコが仕入れてきた一般的にも話題になりえそうな情報(新聞や雑誌の記事などから)を取り上げ、
それにたいしてアレコレ書いていこうと思います。

目標は“合コンでモテるための話題提供”でござんす。




どうもん。最近、映画熱に火がつきまくってるカネコです。
社長オススメのインセプションも先日ひとりで観てきました。
たしかにめちゃ面白いぜ。
ダークナイトとは違ったノーランの、はちゃめちゃエンターテイメント映画。
誰も共感してくれなかったけど「ドラえもんでデスノートをやった感じ」な映画でした。
まぁまだやってると思うからチャンスがあれば是非とも観てくだせい。

さて、今回の情報。
今週ははやりこの話題は音楽番組をやっている以上は避けられない。


HMV渋谷 閉店
音楽業界 変調

2010年8月23日(月)読売新聞 朝刊 3面


1990年。
「渋谷系」というミュージックジャンルまでつくりあげた渋谷HMVですが、
ついに閉店でしたね。
渋谷系音楽は俺にとってはあこがれでもあり救いでもありました。
社長やノブとは好きな音楽性バラバラなんですが、
俺の音楽志向はどちらかというと「渋谷系」に属しており、
ピチカートファイブやオリジナルラブ、フリッパーズギターなどには
日本人がやるポップミュージックの底力と可能性を教えてもらった。
だからHMVの渋谷には、どこか神聖なスポットのイメージがあったし
渋谷にCD買いにいく際は HMVしかいったことないです。
渋谷のタワレコは入った事すらないw

そんな音楽一時代を築いたレコードショップが売り上げ低下を理由に閉店する時代です。
うーん、何か色々と考えてしまいますね。

よく聞こえてくるのが、「ダウンロード時代」
携帯の着うたやiTunesなどで曲単位で購入するのが原因だとか。
・・・でも本当にそうなのかな?

時代によってスタイルが変化していくのは当然だし
それに合わせて売り方を変えていくのもまた当然。
渋谷のHMV閉店は、そんなスタイルの変化に対応できなかった音楽業界のだらしなさを象徴していると思う。

結果的には閉店イベントは大反響で終わったらしい。
もっとそういったコミュニケーションの場所にレコードショップは成るべきだった。と思うよ〜


ただ音楽のジャンルやシーンを作りあげたレコードショップって、
今考えても凄い。
その時、勢いと力があるメディアがつくっていくものだとしたら
いまはネットなのだろうな。もしくは・・・的な






閉店最後の日のイベントは行きたかったけど、
太平洋不知火楽団の企画したイベント「サマー阿蘇ニック」を選んで新宿にいってしまった俺。
終わるものを惜しむ事もいいけど、前にすすむことも大切。
次の熱いジャンルやシーンは、我々の世代が作っていくわけだもんね。
Posted by : radioDTM | エセ情報通への道(休止) | 06:10 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.radio-dtm.jp/trackback/982221