link
special
radioDTM.jp site

blogトップへ

メルマガ登録へ

linksへ

公式バナーへ

Podcastへの登録と試聴

メールはこちら


link

play for japan

酒ト飯 イイダ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
アーカイブ
リンク集
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
プロフィール
検索
管理者ページ
RSS1.0
Atom0.3
構成カネコの「J-POP」も聴こう!vol.5「下弦の月」SCANDAL

はい、どうも。
超気まぐれでblogに取り組んでいるカネコです。
というのも、正直な話、なかなか取り上げたいと思う曲に出会いません。
なので、突然「お、これは良いんじゃないかい?」という時にだけ
このカテゴリーは更新されると思っていただければと思います。


    構成カネコの
  「J-POP」も聴こう!

最近、仕事の環境で、やたらとJ-POP漬けに追いやられている構成カネコによる
「これはなかなか捨てたもんじゃないな」という楽曲を紹介するコーナーです。
*J-POPとひとこに言っても幅が広すぎるため、あくまでこのコーナーでは
「普段DTMが紹介しない邦楽」という、"ざっくり"なくくりでセレクションしていきます。


先日、ミュージックステーションって音楽番組を、超久々に見ました。
(たぶん)小学生のときに見たのが最後だと思います。
おそらくDTMリスナーも見た人多いと思うのですが、
DTMをはじめたころからの付き合いがある、クリープハイプが出演していましたね!
なんだか感慨深いものがありました。素直に感動しましたよ。

そんななかで、クリープハイプをこのコーナーで扱うわけにもいかないので、
一緒に出ていたバンドの曲を紹介したいと思います。

SCANDAL「下弦の月」




デビュー当時は、ぶっちゃけた話、「何この舐めたバンドは?」と思っていましたが、
最近は、なかなかいいバンドになってきたなと感心しています。
もちろん、まだまだな面はありますけど、
しっかりと「バンド」になろうという気概を感じるのです。

それに対して、しっかりとファンがついてきているということも好感がもてます。
「SCANDALが好き!」という女子中高生は、きっとたくさんいますね。

そんでもってはっきり言いますが、SCANDALよりクソなバンドは
男女関係なく死ぬほどたくさんいます。
もちろん、メジャーもインディーズも両方ともね。

SCANDALは舐められながらも、
しっかりと自分たちの出来る上限を少しずつ引き上げ、
女性としての自己にも磨きをかけているように思えます。
それは素晴らしいことですね。

まぁかといって別に大好きな音楽ということではないんですが、
これからのSCANDALは、楽しむ価値が、予想以上にあるなと思わせてくれますね。

ってことで、次回は、SCANDALのように好感がもてるJ-POPと出会えたときにでも
更新しようと思います。ではまた!


 


【構成カネコ】
JUGEMテーマ:音楽

Posted by : radioDTM | J-POPも聴こう | 05:09 | comments(0) | trackbacks(0)
構成カネコの「J-POP」も聴こう!vol.4

はい、どうも。構成カネコです。
先週しれっと書かなかった当コーナー。いざ「J-POPも聴こう」って言っても
そんなにいい曲ってないもんですね。
そんな中でも、はやりアイドルは全体として盛り上がっているなと感じます。
今回は負けた感じがして仕方ないですが、アイドルソングを取り上げます。
ってことでこのコーナー。


    構成カネコの
  「J-POP」も聴こう!



最近、仕事の環境で、やたらとJ-POP漬けに追いやられている構成カネコによる
「これはなかなか捨てたもんじゃないな」という楽曲を紹介するコーナーです。
*J-POPとひとこに言っても幅が広すぎるため、あくまでこのコーナーでは
「普段DTMが紹介しない邦楽」という、"ざっくり"なくくりでセレクションしていきます。


今回はAKB48とかももいろクローバーZとかではなく、
マイナーな地方アイドルをセレクション。
ゆるキャラと一緒で、それぞれの地域でチャンスをつかもうとしているだけあって、
面白いアイドルがたくさんいます。
その中でも、特別グッときたものを紹介。

Especia「ナイトライダー」



・・・何このゆるい映像?笑
でも楽曲は素晴らしいですね。
ローカルアイドルコンピに入っていて、迂闊にもときめいてしまいました。

このEspeciaは大阪は堀江を中心に活動しているアイドルグループで、
"恋愛OK""バブル系"などと他にはない独自の路線を進んでいます。

とにかくこのアーバンなディスコサウンドがツボりました。

最近は情報量の多い楽曲ばかりが目立つアイドル業界ですが、
こういったエッジを狙いつつ、音楽的に間違いないことをするは正しいなと思います。
いずれ音楽ファンがついてくるユニットになると思います。

こんどリリースされる曲もなかなか良かったので貼っておきますね。




こちらも楽しみですね。
アイドルおっかけではないのですが、たまにこういうのがいるなら聴いていきたいかもと
思いました。


  


【構成カネコ】
JUGEMテーマ:音楽

Posted by : radioDTM | J-POPも聴こう | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0)
構成カネコの「J-POP」も聴こう!vol.3

はい。構成カネコです。
J-POP聴きまくってるんですけど、なかなかいいものを見つけるのって実際に難しい。
最新回(#204 スカート)でも言っているのですが、
僕の持論として、「J-POPは猫被ってなんぼ」というのがありまして、
表面上、良い事だったり、正論だったり、可愛さや虚しさ、悲しさや嬉しさを表現するのは
どうぞどうぞ勝手にやっちゃってください。と思います。
ただ、良質なポップスほど、そこに内なる何かが滲み出てしまっているものだと思います。
そんなポップスと出会いたい!ってことでこのコーナー。


    構成カネコの
  「J-POP」も聴こう!



最近、仕事の環境で、やたらとJ-POP漬けに追いやられている構成カネコによる
「これはなかなか捨てたもんじゃないな」という楽曲を紹介するコーナーです。
*J-POPとひとこに言っても幅が広すぎるため、あくまでこのコーナーでは
「普段DTMが紹介しない邦楽」という、あくまで"ざっくり"なくくりで
セレクションしていきます。


前置きで話した「猫被ってなんぼ」理論の楽曲には最近出会えていないので、
今回はその真逆をいくアーティストの楽曲を紹介してみます。

miwa「ミラクル」



シーブリーズのCMソング。歌うのはmiwaさん。
うん、爽やかでございますね。

miwaさんといえば、個人的にはGibsonがサポートしたって一時期話題になったことを思い出すのですが、みなさんはどうでしょうかね?
このニュースが出たのって、2010年の夏だったと思うのですが、
当時はアニメの「BLEACH」の主題歌を歌っていたとかで、
アメリカでも流行っていたアニメだけに、Gibson社も彼女の歌声に絶賛。
「20歳の日本女性シンガーが、ハードロック、メロディアスかつ叙事詩的な世界で、多くの反響を呼んでいる」

ってな具合にHPに載っていたらしいです。
そんでもって映画「カラフル」の主題歌にも抜擢され、
尾崎豊の「僕が僕であるために」と
THE BLUE HEARTS「青空」という謎のカバーを披露されてましたね。

それからカネコとしては話題が止まっていたのですが、
今回の「ミラクル」を聴いてまぁビックリ。
跡形もないほどの方向転換が見受けられます。

デビュー当時はきっとYUIさんみたいな存在になることを期待されていたのだと推測できるのですが、そこには「若い女性の等身大の苦悩や自己表現」みたいなものがテーマにあったと思います。
しかし、時代は早く移り変わり、「そんな重たい曲、だれも聞きたくないわ!」ってな感じで、音楽業界全体が体感型アイドルの方向に流れ出すのもmiwaさんのデビュー年でした。

そうなると、元々可愛らしい美貌をもつmiwaさんの、
キュートでわかりやすい楽曲への方向転換は至極当然の判断だと思います。

でもこういう曲の大切なところ、
「心の底から何にも考えていない」ということが重要だと思います。
その結果、PV見てもらえればわかるけど、完全に"リア充度MAX”な演出になってます。
これでもか!って感じですね。
歌い方もアニメ声みたいな感じだし、さらにはちょっとエロいし。

曲自体はそこそこいいんじゃないかなと思ってます。
すげーキャッチー。
でも前置きにも書いた「猫かぶってる」感じは全くしませんね。
だからカネコとしては面白くないなと感じてしまいます。

そんでもってJ-POP業界ってのは、つくづく(見えない。答えのない)時代性って敵に
翻弄されているんだなと感じる日々を過ごしています。





【構成カネコ】
JUGEMテーマ:音楽

Posted by : radioDTM | J-POPも聴こう | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0)
構成カネコの「J-POP」も聴こう!vol.2

はいどうも。構成カネコです。
やっとむかえた給料日ですが、いろいろと金がかかりそうで、すでに金欠の気配がMAX。
気が重い。ってことで音楽に逃げましょう!


    構成カネコの
  「J-POP」も聴こう!



最近、仕事の環境で、やたらとJ-POP漬けに追いやられている構成カネコによる
「これはなかなか捨てたもんじゃないな」という楽曲を紹介するコーナーです。


前回アイドルソングをチョイスして考えたのですが、
ひとことにJ-POPと言っても幅が広いし、
そのカテゴリーの分け方ってリスナーそれぞれにだいぶ委ねられていると思うんです。
だから、このコーナーでは、ざっくりと「普段DTMが紹介しない邦楽」ってのを
J-POPとして扱おうかなって思います。

そうなると最近すげーよかったアルバムがあるんですよ。

やくしまるえつこ「RADIO ONSEN EUTOPIA」



相対性理論で知られるやくしまるえつこ氏のNHK-FMの番組内での企画の
スペシャル・セッションをまとめたアルバム。
こいつがすこぶる良い。

やくしまるさんって、大切なのはあの存在感と歌声であって、
歌唱力とかは関係ないぜって感じのライブをしていた印象があったのですが、
このセッションの完成度は素晴らしい!

しかもラジオ番組の企画ってことで、なんだかいろいろとショックです笑。
まだまだ可能性あるな〜とか思いつつ、やったのがNHK-FMっていう
国営放送局さんってのがまた何ともいえないですね。。。
民放だからやれること、NHKだからこその好き放題、そしてDIYラジオの楽しみと限界。
最近考えされられておりますカネコでした。





【構成カネコ】
JUGEMテーマ:音楽

Posted by : radioDTM | J-POPも聴こう | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0)
構成カネコの「J-POPも聴こう」vol.1

はいどうも〜。構成カネコです。
これまで映画レビュー書いてみたりWeb制作のログ書いたりと
いろいろ浮気して来ましたカネコですが、
200回も終わって仕切り直すということもあって
新カテゴリーを立ちあげてみます。


    構成カネコの
  「J-POP」も聴こう!



最近、仕事の環境で、やたらとJ-POP漬けに追いやられている構成カネコによる
「これはなかなか捨てたもんじゃないな」という楽曲を紹介するコーナーです。


まぁインディーズもいいし洋楽もいいけど、
世間的にはJ-POPって大きなカテゴリーが根強い人気をほこっているわけです。
そんな日本を生き抜くためにも、J-POPもなめてはいかんという趣旨でございます。

記念すべき1回目は、アイドルソングですね。

乃木坂46「君の名は希望」



SKYと違ってアイドルにとことん疎いカネコですが、
この曲は「やられた!」って感じでした。

歌詞も独特で

「♪転がって来たボールを無視してたら、僕が拾うまでこっちを見て待っていた
 "透明人間"そう呼ばれてた僕の存在 気づいてくれたんだ・・・」


ってな感じで、リリックというよりも文章的な歌詞で
すっと物語に入れるような工夫もしてますね。

カネコ的には何と言ってもAメロ勝負なのが素敵です。
正直サビだけ聴くとあんまりピンとこなかったんですが、
ちゃんと頭からきちんと聴くと、Aメロだけで完結している世界観があった。
こんなことは意識的に生きていないと気づかなかったりするので、
またにはJ-POPも聴いてみるのも捨てたもんじゃないなと思わせてくれた1曲でした。


【構成カネコ】
JUGEMテーマ:音楽

Posted by : radioDTM | J-POPも聴こう | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0)